エビデンスで教育を考えた

数学教育に関する論文や本を紹介します。

家族での食事は成績も上がるぞ!

f:id:mathlikeB:20190112014439j:plain

 

 家族での食事は大事ね、という話を書きました。

 

 

mathlikeb.hatenablog.com

 

そういえば成績については言及してなかったので、追記として別論文をご紹介。

 

 

 今回の調査は1998年にアメリカで行われました。男女3074人の中高生が対象で、成績の他に

 

週何回家族で食事をとるか

 

両親の中は良いか

 

なども調査。

 

その結果、

 

・家族での食事頻度が高いほど抑うつ、自殺衝動が優位に低い

 

・食事頻度が高いほど、成績も良い

 

・男性は、食事頻度が低いと喫煙行動などが優位に高くなり、

女性は食事頻度が低いと自殺未遂の行動が爆上がりする

 

 

との結果に。

 

 まとめ

 というわけで、食事と、成績や性別の違いを紹介しました。思えば、両親が別居や離婚している友人は喫煙してたなー。今は喫煙者は肩身がせまいですが、以前にまして同情の念が増えました。

 

 しかしながら、

「喫煙行動がある若者は、後ろめたくて家族との食事を取らなくなる」

 

という逆相関もあるのでそこは割り引いて考えてください。どうぞご参考までに。

 

 

参考

Correlations between family meals and psychosocial well-being among adolescents. - PubMed - NCBI