エビデンスで教育を考えた

数学教育に関する論文や本を紹介します。

100記事記念にちょこっと自分さらし

f:id:mathlikeB:20181105201846p:plain

 

 ようやっと100記事だそうです。

 

ほんと皆さんのおかげでしかない。

 

てなわけで、需要はおいておいて、自分さらしすることにしました。今回は性格編。

 

 

今の心理学だと、性格はビック5と呼ばれる分類がなされています。

 

(昔こんな記事も書いたので、詳しくはこちら) 

mathlikeb.hatenablog.com

 

その性格をご紹介しようかと。

 

 

 結果は

社会性B

人と会う、話すなど他人と接することが比較的得意といえます。行動力で積極的にコミュニケーションを図り交友関係を拡げていきます。ポジティブに物事を捉えることが出来るのも特徴です。気持ちが外に向いている傾向にあるので、普段から多くの人と接する仕事や活動で力を発揮できるでしょう。

 

神経症B

慎重・繊細性は、比較的高いです。日頃から、感情の起伏が少なく、精神的には安定した傾向にあります。物事をよく見極めて行動するので、結論を焦って失敗することも少ないでしょう。繊細さも兼ね備えているので、感性が豊かと言われることもあるかもしれません。また、人と争うことも嫌う平和主義者なので、周囲に安心感を与えるでしょう。

 

誠実性C

標準的な勤勉性を備えているといえます。規則やルールは基本的には守りますが、時にルーズな一面を見せることがあるかもしれません。好きなことに夢中になると、ついついサボりたい気持ちにかられる傾向にあります。物事を根気よく続けること、難しい局面に立ち向かうことが自身の成長につながりますので、意識して行動を起こすようにしましょう。

 

協調性B

チームワークを大切にし、仲間意識を強く持っています。周りの人達に合わせて行動できるので、人間関係のトラブルも少ない傾向にあります。

 

開放性A

とても強い知的好奇心を持っており、自分の知識・技術を高めることに興味関心を持つ傾向にあります。また、常に新しい事に刺激をもとめており、チャレンジ精神が旺盛なので、意欲的に新たな経験をを積んでいくでしょう。独創的なアイディアが豊富な一面も持ち合わせています。

 

だそう。誠実さがまだまだですのー涙

 

 

 ちなみに参考診断はgenelife。

遺伝子検査のジーンライフ

遺伝子も調べたんですが、それはまた今度で笑

 

 

 というわけで、これからも当ブログをよろしくお願いします。