エビデンスで教育を考えた

数学教育に関する論文や本を紹介します。

ゲームで数学の能力って高まるんじゃね?という研究

f:id:mathlikeB:20181012160051j:plain

 

 ここ最近はテクノロジーと教育のさかいを見ているのですが、今回はゲームについてです。フィンランドで行われた調査でわりとポジティブだったのでご紹介。

 

 今回の調査では参加者は4年生、5年生、および6年生の1168人の学生でした。クラスは2つの条件でランダム化されていて、実験グループではナンバーナビゲーションゲーム(NNG)を使用して正規の数学教育が強化され、コントロールグループの学生は通常の数学カリキュラムに従って継続されました。

 

10週間ほど続けたところ、

 

5年生で2.60から2.94 (SD)まで上昇したそうな。

 

この上昇ですが、今までの中では結構効果が現れた研究です。しかも、ゲームやらタブレットやらの研究って、ランダムに抽出した研究ってのが少なかったりしたんで、信頼も高め。

 

端書き

 

しかしながらこの研究、ナンバーナビゲーションゲームは数値特化のゲーム。

f:id:mathlikeB:20181012160359p:plain

 

 四則演算やって、次の数字は?みたいなゲーム。

 

加えて、テストも計算中心。

なので、幾何、解析分野にまで同じことが言えるかは微妙なところ。その辺は、「続報をまて!」って感じですかね。

 

 

、、、、、まあゲームを邪険にせず、ほどほどに。

 

 

参考

www.sciencedirect.com